Students report - Other Language

Uchigo kaitenyagura bonodori taikai

DATE 2018-9-11

日本で8月は、死んだ人たちの魂が戻って来る月だそうです。そしてその人たちを、迎えたり、送ったりするためにお盆があります。お盆には盆踊りがあり、いろんな町でやっています。 私 はいわき市内郷で8月15日に行なわれた盆踊りを取材しました。 これはいわき回転やぐら盆踊り大会と言います。昔は炭坑事故、最近では、東日本大震災で亡くなった人々の供養としての意味もあるそうです。盆踊りは、ゆうてんしゅうにんさんが、信仰心の薄いこの地方の庶民に、誰でも分かりやすく念仏を唱えさせようと(南無阿弥陀仏)の言葉を歌の節に合わせて唱えさせた事からはじまりました。その時から今まで毎年行なっているそうです。 この祭りも七夕のお祭りと同じく賑やかでした。一年に一回、市民たちが楽しく参加しています。夕方5時から9時まで、やっています。夜になると色とりどりの可愛いちょうちんがいっぱいで、やぐらもすてきです。一番綺麗なやぐらが回るところです。昔は石炭を掘っているの人たちは頑丈だから、人の力で回していましたが、今は電気で回しています。だから、このお祭りを回転やぐらと言うのです。やぐらの上では浴衣を着た皆さんが音楽を演奏したり、歌を歌い、下では踊るの人たちがやぐらのまわりをまわります。見ている観客も一緒に踊れます。踊り方もマイクで大きい声で教えてくれるので皆さんと一緒に楽しんで踊っています。夜だから、回転やぐらに付いている電気がすごく綺麗でした。やたいもいっぱいあり、日本の食べ物もいっぱいです。すごく綺麗でした。この祭りも、私にとって日本に留学してから初めて見た事です。日本の色んな文化にますます興味をもちました。すごく楽しかったです。 皆さんも、今度、回転やぐら盆踊りに行って、実際に自分も、入って踊って見てください。
エーエーティン

 

Iwaki tanabata omatauri

DATE 2018-9-11

平七夕祭り この季節になると、日本の様々な場所で七夕のお祭りがありますが、私たちの住む福島県いわき市でも、8月の6,7,8,日に平七夕祭りが行なわれたので取材に行きました。 いわき駅前は、とても賑やかで、七夕の飾りやたくさんの屋台がありました。屋台は子供向けのゲームや日本の食べ物やお菓子など、何でもあります。また、日本人の若い男女は浴衣を着て下駄をはき、とても可愛いです。平で働いている人や学生達も、休みを取って毎年楽しみに七夕に参加しているようです。 七夕には、こんな伝説があります。天の川の岸で牛を飼っている彦星さんと、織姫さんがいました。二人は相手を一目見ただけで大好きになりました。でも自分の仕事を忘れて遊んでばかりいるようになったので、神様が怒って二人を川の東と西に分けてしまいました。そして一年に一回だけ会う事が許されましたが、雨の時は川をわたれません。その時、カワサギという鳥が川に橋をかけくれたので二人は、7月7日は会えるようになったそうです。こんな、物語が現在まで生きているのですね。 七夕の時、恋人二人は会えるようにたんざくに自分の願いを書いてささの木にかけて祈っています。皆さんも自分の気持ちを書いて、ささにかけて祈りましょう。 平七夕祭りの最後の日、つまり8月8日は、いわき駅前の大通りで「いわき踊り」を行ないます。いわきにある様々な会社や大学生、子供たちも、たくさん参加します。でも今年は雨で中止となってしまい、残念でした。 この写真は、3年前、留学生として初めていわき踊りに参加した時の写真です。とても楽しかったです。いい体験、いい勉強になりました。 皆さんもこの七夕お祭りに、ぜひいらしてください。 エーエーティン

『Iwaki natsuigawa omatsuri』

DATE 2018-9-4

2018年8月20日�いわき市の夏祭りのフィナーレを飾る、夏井川流灯花火大会に私たち留学生も参加しました。� この花火大会は私たちの大学の近くに流れている夏井川で開催されます。これは、水難事故で亡くなった児童、夏井川に関する工事などの犠牲者の方々の霊を供養したことから始まったイベントで、今年で100年目となる伝統的なお祭りです。� 私たちは色々な屋台を見たり、灯籠流しやじゃんがら念仏踊りを見学しながら時間を過ごしました。そして8時40分ごろには花火🎆が夜空を彩りました。とても素晴らしかったです。写真やvideoもたくさん撮って家族や母国の友達にも送ったので、みんな喜びました。� 来年の夏井川流灯花火大会には今年参加しなかった皆様も是非来てみてください。�
アウンチーサン

เทศกาลลอยกระทงโคมและดอกไม้ไฟ 「夏井川流灯花火大会」

DATE 2018-8-28

20180820_183026  20180820_184038

[เทศกาลลอยกระทงโคมและดอกไม้ไฟ]

วันจันทร์ที่ 20 สิงหาคม 2018
ทุกๆของวันที่ 20 เดือนสิงหาคม มีการจัดเทศกาลดอกไม้ไฟและลอยกระทงโคมนัทซึอิกาว่า บริเวณพื้นที่ใต้สะพานไทระคามิ(ริมแม่น้ำนัทซึอิกาว่า) สถานที่จัดงานอยู่ใกล้กับมหาวิทยาลัยนานาชาติ Higashi Nippon มากๆ ฉันและเพื่อนๆอีก3คน เดินจากมหาวิทยาลัยเพียง5นาทีก็ถึง แต่ถ้ามาจากสถานีอิวากิ ก็ใช้เวลาเดินประมาณ15นาทีค่ะ คนญี่ปุ่นบางคนจะใส่ยูคาตะมาร่วมงาน ฉันจึงใส่ชุดไทยและเพื่อนคนพม่าก็ใส่ชุดพื้นเมืองของพม่ามาร่วมงานเช่นกันค่ะ คนที่มาร่วมงานก็เยอะพอสมควร มีบู๊ทขายของกินและร้านเกม คล้ายๆงานวัดบ้านเราด้วย ส่วนแรกของเทศกาลนี้คือการลอยกระทงโคม ส่งดวงวิญญาณ ทำบุญให้คนที่เสียชีวิตทางน้ำหรือจากอุทกภัย และมีการแสดงร่ายรำแบบญี่ปุ่น เมื่อเวลาล่วงเลยไป พวกเราก็ขึ้นไปบนสะพาน เพื่อรอชมดอกไม้ไฟค่ะ ในส่วนที่สองของเทศกาลมีการจุดดอกไม้ไฟประมาณ6000ลูก เพื่อฉลองครบรอบการรำลึก100ปี สวยอย่างที่คิดไว้เลย บรรยากาศเย็นๆของแม่น้ำแห่งนี้ ทำให้รู้สึกว่าอีกไม่นานก็จะหมดฤดูร้อนซะแล้ว ในปีต่อๆไป เพื่อนๆก็ลองไปร่วมงานดูนะคะ
วันเทศกาล : 20 สิงหาคมของทุกปี
เวลา : 18:00-20:30 นาที
(18:40 เริ่มลอยกระทงโคม
19:45 เริ่มจุดดอกไม้ไฟ)
~ไอริส IRIS~

花火+飲み会+カラオケ_180822_0020

2018年8月20日(月)
毎年8月20日、平神橋下(夏井川河川敷)で が行われます。
花火の会場は私の東日本国際大学に近いので、3人の友達と取材に行きました。大学からは歩いて5分でした。いわき駅からでも歩いて15分くらいです。日本人の友達はゆかた、私とミャンマーの友達は民族衣装を着ました。
会場はとても賑やかで、飲食やゲームの屋台もありました。
催しは、第一部では水難犠牲者や新盆の供養のための灯篭流しや、じゃんがら念仏踊り等が実施されました。花火をよく見るため、私たちは橋に早く行きました。第二部の花火大会では、100周年を記念して約6,000発の花火が夜空に打ち上げられました。とてもきれいな花火でした。夏井川の涼やかな空気は、ふっと夏の終わりを感じさせられる瞬間でした。
来年、みなさんも行ってみませんか?
日にち: 毎年8月20日
時間 :午後6時~8時30分
(午後6時40分 灯籠流し
午後7時45分 花火開始)
~アイリス~

20180820_183541

Onahama Fireworks Festival (Iwaki City)

DATE 2018-8-19

私たちのグループは8月4日に小名浜の花火大会に見にいきました。この大会はいわき市で一番大きな大会で、毎年pm7時から9時まで行っており、会場となる水族館アクアマリンふくしまとららミュウの間のエリアには大変賑わっていました。

私たちは会場まで、いわき駅から電車で(15分)泉まで行って、そこからシャトルバスのチケットを往復の分を買って行きました。会場に着いたら、皆で先生から貰った有料チケットの席のところに行きました。そこに行く前には、屋台がたくさんあるので、屋台に行って飲み物や食べ物を買っていました。屋台にも、人がいっぱいで何か買うたびに その長い列にすごく驚かされました。

花火大会のスタートの時間が迫って来たので、その有料席に急いで行きましたが、そこに座るところはないほど人がいっぱいでした。
みんな、日本人だけでなく、外国人も日本の伝統的な夏の服(浴衣)を着ていて、打ち上げ花火の綺麗さに負けないくらい素敵でした。家族、友人、恋人等自分が愛する人たちと一緒に来て花火を見ると言う日本の習慣を、私たちはよく理解できました。9時終わってから私達は泉駅までシャトルバス、そしていわきまで電車に乗って帰りました。
この花火大会は有名な大会で、いつか自分も愛する家族と一緒に見たいと思いました。来年も小名浜で行うので、いわきにいらして、小名浜花火大会に 一度見に来ませんか?
待っています。

May Rose

Hundred Flowers in The Harbor

DATE 2018-8-12

Sábado 4 de Agosto,
Hoy se celebró el Hanabi Taika (Show de fuegos artificiales) en la localidad del Puerto de Onahama a unos 30 minutos en bus desde la estación de Iwaki, este año se celebró los 65 años de este evento. Sin embargo, debido a que algunas calles se encontraban cerradas por la festividad, los miembros de Global Network Plus nos movilizamos en tren y en Bus, lo que nos tomó aproximadamente 1 hora en llegar al punto de encuentro que se frente al Acuario de Fukushima, del cual ya hemos hablamos previamente.
Una vez que arribamos pudimos apreciar a bastantes personas de alrededor de todo Iwaki que se acercaron para apreciar los fuegos artificiales. Los visitantes aprovecharon el día para pasarlo en familia haciendo picnic alrededor del puerto desde tempranas horas de la tarde. El acceso en la calle era libre, pero el puerto de dividió en 4 áreas de acceso con pago y en cada uno de estos lugares se podían encontrar puestos de comidas y helados.
El espectáculo tuvo de tema “100 Flores floreciendo en el Puerto” inició a las 7.00 de la noche con una cuenta regresiva y duró hasta las 9.00 con aproximadamente 12,000 fuegos artificiales. Se pudo disfrutar de música japonesa que acompañaban a los fuegos artificiales y alguna que otra canción extranjera, en lo particular me gustó el acto 38 que fue acompañada con la música de la película The Greatest Showman.
Lo interesante es el compromiso de las empresas locales para realizar las donaciones de los fuegos artificiales como una forma de retribuir a la comunidad.
Sin lugar a dudas fue una experiencia única que me gustaría volver a disfrutarlo una vez más.
August 4 Saturday,
Today the 65 years of Hanabi Taika (Fireworks show) was celebrated in The Port of Onahama at around 30 minutes from Iwaki Station by bus. That day, many of the streets were closed because of the event, so we, members of Global Network Plus had to mobilize by train and bus. It took us about an hour to arrive to the meeting point in front of the Fukushima Aquarium, which we have already present it earlier .
Once we arrived, we could see many people who came from around Iwaki to appreciate the fireworks. These visitors hanged out from early afternoon to spend time with their families doing picnic and enjoying the weather. The access to the street was free, but the payings zones were divided in four and in each one of them one could find food stalls and ice cqream vendors.
The show which had the theme “100 Flowers Blooming in the Harbor” started at 7.00pm with a regressive count and up to 9.00pm, launching around 12,000 fireworks. People could appreciate Japanese music that was played with the fireworks and so and on a few Western songs. My favourite piece was the one that was played along with music of the film The Greatest Showman.
The most interesting thing is the compromise of the local companies to make the show possible through donations as a way to give back to the community.
Without a doubt it was a one in a lifetime experience that I hope enjoy it once again.

david

หน้าร้อนที่ญี่ปุ่นคือฤดูแห่งดอกไม้ไฟ

DATE 2018-8-10

4 สิงหาคม
วันนี้พวกเราทีม Global network plus จะพาไปชมดอกไม้ไฟกันค่ะ เทศกาลดอกไม้ไฟเมืองอิวากิ ปีนี้จัดขึ้นเป็นครั้งที่ 65 แล้วค่ะ นั่งรถไฟจากสถานีiwaki ไปลงสถานีisumi แล้วก็จะมีรถบริการไปยังสถานที่จัดงานค่ะ 
งานดอกไม้ไฟเมืองอิวากิถือเป็นงานที่ใหญ่มาก ปีที่แล้วมีคนมาดูดอกไม้ไฟมากกว่า 6 หมื่นคน มีการจุดพลุ 120 นาที พลุมากกว่าหนึ่งหมื่นลูก
ภายในงานเรียงรายไปด้วยร้านแผงลอย ทั้งแผงอาหารและเกมต่างๆ ซึ่งมีเฉพาะในงานเทศกาลหน้าร้อนเท่านั้น โดยดอกไม้ไฟจุดในช่วงหลังพระอาทิตย์ตกดินเวลา 19:00-21:00นน
ผู้คนส่วนใหญ่มักมาจับจองที่นั่งที่จุดชมดอกไม้ไฟก่อนเวลาจริง มีที่นั่งให้เข้าชมได้ฟรีและที่ต้องเสียเงิน ก็จะมีหลากหลายราคากันไป
งานเทศกาลดอกไม้ไฟเมืองอิวากิจะจัดขึ้นทุกปี ปีหน้าหากใครมีโอกาส ก็ลองมาเที่ยวดูสักครั้งนะคะ

blueberry picking at【the oowadashizennouen】

DATE 2018-7-26

7月16日、私達、情報発信チーム(IWAKI GLOBA NETWORK PLUS)はいわき市好間町
北好間字山崎44にある大和田自然農園へ、ブルーベリー狩り体験に行きました。
この農園では、農園内の作物には農薬を一切使わず、青虫などは手で駆除しているそうです。また、肥料のほとんどはもみじがらを中心とした有機肥料で、清い水を使用し、除草剤も一切も使わなので安心して、美味しいブルーベリーが食べられます。
また、農園には、ブルーベリーだけではなく、ボイセンベリーやブラックベリーもあり、お土産(ブルーベリー1パック)付きで、時間無制限の食べ放題ができます。この農園では、自然の美味しさの生ジューやジャムなども販売しており、手作りピザ体験もできます。このような自然の恵みと愛情で育った果実たちの摘み取り体験をしてみませんか?
名称  :大和田自然農園
時期  :7月1日~8月31日
営業時間:9時~15時
料金  :大人円、1000小学生以下500円
定休日 :盆休日など
行き方 :いわき駅前から元山停留所までバスで17分、その後、バス停から農園まで徒歩10分ぐらい                                                                                                                                               taiyouLin

Summer in Iwaki (Yotsukura Sea)

DATE 2018-7-24

The past Monday 16 (July), Japan celebrated the Day of the Sea (Third Monday of July) and because of that we decided to go with some friends of university to the beach. Iwaki is a coastline city so the amount of options to enjoy the sun and the sea are plenty, especially in these hot summer days. We decided to go to Yotsukura, one of the most popular beaches for the locals which is located around 10 min by train from Iwaki Station.
Yotsukura beach has an spacious free parking lot and a big restaurant/recreation center, as well as convinience stores close to the beach; also after the events of 2011, one can find retaining concrete walls in case of a tsunami.
On that day a surf contest was taken place in the beach and since it was an special occasion, many food trucks and stalls could be seen in the shoreline, offering their products to the visitors watching the competition or to the ones relaxing in the cold Waters of the Pacific Ocean.
To the people spending their summer after a day getting vitamin D, the beach waved goodbye with a small souvenir from the sea: seashells and conches that one could grab for free from a stall.
If one would like to survive the intense heat of Japanese summer, nothing better than staying hydrated and enjoy some time in the beach!

DAVID

Summer in Iwaki (Yotsukura Sea)

DATE 2018-7-24

El pasado lunes 16 de Julio, se celebró en Japón el día del mar (tercer lunes de Julio), por tal motivo decidimos ir con unos amigos de la universidad a la playa. Iwaki es una ciudad costera por lo que hay varias opciones donde disfrutar del sol y el mar, especialmente en estos calurosos días de verano. Nosotros decidimos ir a Yotsukura, una de las playas más populares por los ciudadanos de la ciudad, que se encuentra a sólo 10 minutos en tren desde la estación de Iwaki.
Yotsukura cuenta con un amplio estacionamiento y un restaurante/centro de esparcimiento, al igual que tiendas de conveniencia cercanos a la playa; y tras los eventos del 2011, se puede observar muros de contención de concreto para salvaguardar la vida de las personas en caso de un tsunami.
Ese día se desarrollaba en la playa una competencia de surf y al ser una fecha especial, nos encontramos con food trucks y puestos de comida ofreciendo sus productos a los visitantes que veían el concurso o a los que simplemente buscaban refrescarse en el templado mar del Océano Pacífico.
A los veraniegos que se despedían después de un día obteniendo vitamina D, se les despedía con un recuerdo del mar: conchas de abanico y caracolas que podían tomar de un puesto.
Si uno desea sobrevivir al intenso calor del verano japonés, nada más ecomendable que mantenerse hidratado y disfrutar de un día en el mar!

DAVID