Students report - Other Language

festival en la región costera de Iwaki, Onahama

DATE 2018-11-18

El sábado 10 de Octubre fuimos a un festival en la región costera de Iwaki, Onahama. El motivo de esta feria coincidía con una cumbre internacional entre acuarios alrededor del mundo dándose lugar en el Acuario de Fukushima en el mismo lugar.
Junto con algunos compañeros de Global Network + y profesores llegamos al lugar de la feria frente al nuevo Aeon Mall y nos encontramos con distintos puestos de comida y puestos de artesanías de pequeños negocios alrededor de Iwaki. El tema de feria se basaba en la historia de Urashima Tarō, que cuenta la historia de un pescador que al defender a una tortuga de unas personas haciéndole daño, es llevado en señal de agradecimiento al Palacio del dios dragón en el fondo del mar. En esta oportunidad se le dio un pequeño giro a la historia por motivos de la feria, que buscaba concientizar a la personas sobre la vida marina y la contaminación de los océanos. Pudimos apreciar distintas exposiciones y presentaciones con esta misma temática.
En Onahama se encuentran puertos pesqueros, el mercado de pescados y mariscos más importante de Iwaki y uno de los Acuarios con mucho reputación en la zona norte de Japón, por tal motivo, la concientización es un punto muy importante debido al impacto económico y social de la contaminación.
Tuvimos la oportunidad de participar en un concurso de una de las compañías pesqueras más importantes de Onahama y obtener premios, con este concurso pudimos almorzar platos marinos y comidas típicas de Iwaki, tales como croquetas de Pez Espada.
El Perú cuenta con una variedad marina envidiable y es importante recordar su importancia como objeto de crecimiento económico y por ende para el desarrollo de su gente. Sin duda fue una visitante sumamente interesante y enriquecedora para recordar la importancia de la vida marina.

david

งานมหาลัยฮิกาชินิฮง

DATE 2018-11-17

ในวันที่27ตุลาคมและ28ตุลาคมที่มหาลัยฮิกาชินิฮงได้มีการจัดงานของมหาลัยซี่งจะมีทั้งบูธของอาจารย์ที่ปรึกษาที่จะมาออกซุ้มขายอาหารต่างๆและเครื่องดื่มมาจำหน่ายให้กับคนในงานและนอกจากนี้ยังมีการจัดเวทีให้นักศึกษาได้แสดงความสามารถทั้ง ร้อง เต้น เล่นละครซึ่งงานมหาลัยในครั้งนี้ชมรมของเราได้ทำอาหารของเปรูซึ่งมีชื่อว่าอะฮิเดกะจีน่าซึ่งจะเหมือนกับแกงกะหรี่ที่ใส่นมและเครื่องแกที่มีรสเผ็ดร้อนกินพร้อมกับขนมปังและมันฝรั่งต้มพร้อมกับเครื่องดื่มเป็นชาร้อนของพม่าซึ่งทั้งอาหารและเครื่องดื่มเป็นที่ชื่นชอบของชาวญี่ปุ่นมากเพราะอร่อยกล่อมกลมติดเผ็ดนิดทำให้กินได้อร่อยมากยิ่งขึ้นดื่มพร้อมกับชาร้อนหอมกรุ่นก็ทำให้เข้ากันได้อย่างลงตัวนอกจากนี้ในการทำอาหารก็ยังได้รับการสนับสนุนที่แรปอาหารจากกุเรแรปซึ่งได้ออกผลิตภัณฑ์ใหม่ซึ่งทำให้ใช้ได้ง่ายและสะดวกสบายมากขึ้นถ้าใครที่ต้องทำอาหารก็สามารถหาซื้อแรปแบบใหม่ที่ไทยได้แล้วซึ่งสามารถแรปอาหารที่นำเข้าตู้เย็นและไมโครเวฟซึ่งจะไม่ส่งผลต่อสุขภาพแน่นอนอย่าลืมไปซื้อมาใช้กัน

ลูกหว้า ルックワー

HIRONO Autumn Festival

DATE 2018-11-17

2018/11/03
Global network ,को सहभागीमा इवाकी, फुकुसीमा जापान देख़ी करिब २५km अवस्थीत हीरोनो “ हेइसी टाउन सेंट्रल जिमनासियम “ भन्ने ठाँउमा गएको थियाैं ।त्यहाँ स्वास्थ्य उत्त्सव स्वास्थ्य प्रारामर्स ,सांस्कृतिक प्रदर्शनी,फुड-फ़ेस्टिवल तथा बिकिरण प्रारामर्स तथा अन्य छलफलको बिषयमा आयोजित गरिएको थियो।उक्त महोत्सव क़रीब २० बर्ष अगाडि देखी निरन्तर रुपमा गर्दै आएको रहेछ ।यस स्थानमा बिभिन्न परिकारको टेन्ट् राखेर सस्तो ,मुल्यमा बिक्री गर्नुका साथै ,बिभिन्न आधुनिक ऊपकरणको जानकारी दिनुका साथै संघ -संस्थाहरूले फ़्रि मा सामान पनि उपलब्ध गराएका थिए।हीरोनोमा कृषि-पर्यटन,सांस्कृतिक मूल्य-मान्यता बजार् वयवस्थापन गर्न उक्त ठाउँ को मानिशरुको साथ् र सहयोग् चाहिने कुरा बुदीजिबी हरुले भाषण गरेका थिय।निकै शान्त र रमणीय वातावरण का साथै प्राकृतिक सुन्द्र्य् र बिषाल समुन्द्र मनै लोभ्ययाउने नजिक अवस्थित छ।

यस स्थानमा हॉलिडे पैकिज ,छुट्टीका दिनहरू रमाइलो गर्न बार्बिक्यु पनी गर्न सकिन्छ।
एक-पटक प्रय्यक्ष अवलोकन गर्नु होला ,साच्चीकैं रमणीय ठाँऊ रहेछ।
ठेगना- 〒 979 0402
Fukushima Prefecture Futaba-gun, Hirono-machi, Shimokita Shimokitani Letters Alternative 35
Tel 0240-27-2111 (Representative)
Fax 0240-27-416
रबी भट्टराई (नेपाल,चितवन)

 

World Aquarium Conference Welcome Event

DATE 2018-11-16

11月10日
私たちは、小名浜で行われた、世界水族館会議歓迎イベントのお祭りを取材した。
この祭りには、いわきサンシャインFestival2018という、いわきの名物が販売されている物産展も開催され、たくさんの屋台が出店されていた。いわき水産加工品、いわきの工芸品、いわきの地場産品、友好都市などからの出店という四つのコーナーに分かれていた。私たちはいわきの名物を食べてみることにした。サンマのポーポー焼き、ウニとホタテの贅沢プレート、カニのパエリア、いわきネギマヨ醤油タコ焼き、お好み焼き、ジャンボカジキメンチ、タイ焼きなどを買って、皆で味わい、お腹一杯食べた。やはりいわきの食べ物は美味しくて、小名浜の綺麗な海が目の前にあったので、海鮮を食べたいという気持ちに自然になったのだと思った。
食事の後は、箸を自分で作るなど、楽しくて良い経験をした。
この祭りは、八月の花火大会が行われたアクアマリンパークで開催されていたが、隣にはららミュウ、小名浜イオンやアクアマリンふくしまもある。また、交通も便利なので多くの人々がお祭りを見に来ていた。このように小名浜の素晴らしさを再確認できた一日だった。…

May Rose

Visit to Hirono Town

DATE 2018-11-14

2018年11月3日
先生や友達と一緒に広野町の秋祭りに行って来ました。朝10時10分ぐらいから市長の挨拶などの後、テープカットが行われ、祭りは始まりました。
祭りでは広野町の新鮮な野菜の店や手作りセーターと子供の帽子の店、焼肉や豚汁の店など、食べ物のテントもたくさんありました。広野町の農家さんが作った大根を無料で配っているお店もありました。私たち東日本国際大学も店も出しました。私たちのお店ではコーヒーやココアなどの飲み物と、ミャンマーのお菓子を、お祭りに来たお客様に無料で提供しました。ミャンマーのお菓子は、友人の手作りです。ココナッツミルクや練乳で作りました。甘さ控えめでさっぱりしていて、広野町の皆さんが美味しい美味しいと言ってくれたので、嬉しかったです。
体育館では、様々なイベントが行われていました。たくさんの盆栽や生け花や手作り人形、幼稚園児の書いた絵などが陳列されていました。アレンジフラワーのコーナーでは先生に教えていただきながら、自分で作りました。綺麗にできて楽しかったです。また、着物を着ている素敵な女性の方から、抹茶や甘いお菓子を食べさせていだけるコーナーもあり、とても美味しかったです。
体育館の二階で日本の伝統的な落語を皆様と一緒に聞きました。笑うと健康になると話されていて、私たちは本当に暖かい気持ちになりました。
20年以上前から続いている広野町秋祭りは遊びに来るお客さんが多くて賑やかです。広野町の人たちは、秋祭りを楽しんでいました。高齢者も若者も子供達もみんな参加していました。お祭り会場の周りにも遊び場もあるから子供は喜ぶし、広くて綺麗な太平洋が見えるし、秋祭りは良い天気で最高でした。
東日本大震災で被災した広野町ですが、7年間後の今は環境や人々の心も復興しています。皆さん、太平洋のある広野町に一回行ってみてください。

スー

HIRONO Autumn Festival

DATE 2018-11-11

 

20181103_111328広野町秋祭り_181111_0020

วันที่ 3 พฤศจิกายนพวกเราได้ไปงานเทศกาลฤดูใบไม้ร่วงของเมืองฮิโรโนะ ภายในงานมีการออกร้านไม่ว่าจะเป็นบูธของมหาลัยบูธของเกษตรประจำเมืองซึ่งได้นำหัวไช้เท้ามาแจกให้คนได้งาน1คนต่อ1หัวฟรียิ่งไปกว่านั้นยังมีบูธของคนในเมืองมาออกร้านทั้งทาโกะยากิ ยากิโซบะหรือของกินอื่นอีกเพียบอื่นทั้งยังมีการจัดแสด งผลการงานบองเด็กในด้านต่างๆทั้งศิลปะภาษาและมีการสาธิตและสอนจัดดอกไม้ซึ่งนิทรรศการจัดแสดงผลงานจะมี2วันในวันที่3พฤศจิกายนเปิดถึง16.00น.และในวันที่4พฤศจิกายนเปิดให้เข้าชมได้ถึง13.00น.และยังมีการเดี่ยวไมโครโฟนเกี่ยวกับเรื่องสุขภาพและสำหรับคนที่ต้องการเช็คสุขภาพก็ยังมีให้ตรวจสุขภาพฟรีแต่ไฮไลท์ของงานก็คือการได้ดื่มชาเขียวญี่ปุ่นของแท้ที่จะทำให้คุณได้สัมผัสถึงรสชาติต้นตำรับชาเขียวญี่ปุ่นโดยไม่เสียค่าใช้จ่ายใดๆนอกจากบูธของมหาลัยก็ได้นำชากาแฟไปแจกให้กับคนในงานและมีขนมหวานของพม่าไปแจกให้ฟรีหากมาเที่ยวเมืองอิวากิในช่วงพฤศจิกายนก็อย่าลืมแวะไปเที่ยวเมืองฮิโระโนะเพื่อสัมผัสบรรยายกาศของเทศกาลฤดูใบร่วงแบบญี่ปุ่นแท้กันสักครั้ง

20181103_10304420181103_103247
2018年11月3日
私達、情報発信チームはひろの秋祭りに取材に行きました。2018年11月3日(土)4日(日)広野町中央体育館で開催されたお祭りです。地元の商工会等が出店する収穫祭・各種団体等の作品を展示する文化展と健康まつりです。(4日は文化展のみ)いろいろな楽しい活動があり、たくさんの人で賑やかでした!私たちのチームも、ミャンマーの手作りのお菓子を持って行き、お客さんに食べてもらいました。
また、抹茶などもいただく事ができるブースなどもあり、日本的でした。皆さん、一回行ってみてください。

ルックワー

20181103_1005191541222519363

Uchigo kaitenyagura bonodori taikai

DATE 2018-9-11

日本で8月は、死んだ人たちの魂が戻って来る月だそうです。そしてその人たちを、迎えたり、送ったりするためにお盆があります。お盆には盆踊りがあり、いろんな町でやっています。 私 はいわき市内郷で8月15日に行なわれた盆踊りを取材しました。 これはいわき回転やぐら盆踊り大会と言います。昔は炭坑事故、最近では、東日本大震災で亡くなった人々の供養としての意味もあるそうです。盆踊りは、ゆうてんしゅうにんさんが、信仰心の薄いこの地方の庶民に、誰でも分かりやすく念仏を唱えさせようと(南無阿弥陀仏)の言葉を歌の節に合わせて唱えさせた事からはじまりました。その時から今まで毎年行なっているそうです。 この祭りも七夕のお祭りと同じく賑やかでした。一年に一回、市民たちが楽しく参加しています。夕方5時から9時まで、やっています。夜になると色とりどりの可愛いちょうちんがいっぱいで、やぐらもすてきです。一番綺麗なやぐらが回るところです。昔は石炭を掘っているの人たちは頑丈だから、人の力で回していましたが、今は電気で回しています。だから、このお祭りを回転やぐらと言うのです。やぐらの上では浴衣を着た皆さんが音楽を演奏したり、歌を歌い、下では踊るの人たちがやぐらのまわりをまわります。見ている観客も一緒に踊れます。踊り方もマイクで大きい声で教えてくれるので皆さんと一緒に楽しんで踊っています。夜だから、回転やぐらに付いている電気がすごく綺麗でした。やたいもいっぱいあり、日本の食べ物もいっぱいです。すごく綺麗でした。この祭りも、私にとって日本に留学してから初めて見た事です。日本の色んな文化にますます興味をもちました。すごく楽しかったです。 皆さんも、今度、回転やぐら盆踊りに行って、実際に自分も、入って踊って見てください。
エーエーティン

 

Iwaki tanabata omatauri

DATE 2018-9-11

平七夕祭り この季節になると、日本の様々な場所で七夕のお祭りがありますが、私たちの住む福島県いわき市でも、8月の6,7,8,日に平七夕祭りが行なわれたので取材に行きました。 いわき駅前は、とても賑やかで、七夕の飾りやたくさんの屋台がありました。屋台は子供向けのゲームや日本の食べ物やお菓子など、何でもあります。また、日本人の若い男女は浴衣を着て下駄をはき、とても可愛いです。平で働いている人や学生達も、休みを取って毎年楽しみに七夕に参加しているようです。 七夕には、こんな伝説があります。天の川の岸で牛を飼っている彦星さんと、織姫さんがいました。二人は相手を一目見ただけで大好きになりました。でも自分の仕事を忘れて遊んでばかりいるようになったので、神様が怒って二人を川の東と西に分けてしまいました。そして一年に一回だけ会う事が許されましたが、雨の時は川をわたれません。その時、カワサギという鳥が川に橋をかけくれたので二人は、7月7日は会えるようになったそうです。こんな、物語が現在まで生きているのですね。 七夕の時、恋人二人は会えるようにたんざくに自分の願いを書いてささの木にかけて祈っています。皆さんも自分の気持ちを書いて、ささにかけて祈りましょう。 平七夕祭りの最後の日、つまり8月8日は、いわき駅前の大通りで「いわき踊り」を行ないます。いわきにある様々な会社や大学生、子供たちも、たくさん参加します。でも今年は雨で中止となってしまい、残念でした。 この写真は、3年前、留学生として初めていわき踊りに参加した時の写真です。とても楽しかったです。いい体験、いい勉強になりました。 皆さんもこの七夕お祭りに、ぜひいらしてください。 エーエーティン

『Iwaki natsuigawa omatsuri』

DATE 2018-9-4

2018年8月20日�いわき市の夏祭りのフィナーレを飾る、夏井川流灯花火大会に私たち留学生も参加しました。� この花火大会は私たちの大学の近くに流れている夏井川で開催されます。これは、水難事故で亡くなった児童、夏井川に関する工事などの犠牲者の方々の霊を供養したことから始まったイベントで、今年で100年目となる伝統的なお祭りです。� 私たちは色々な屋台を見たり、灯籠流しやじゃんがら念仏踊りを見学しながら時間を過ごしました。そして8時40分ごろには花火🎆が夜空を彩りました。とても素晴らしかったです。写真やvideoもたくさん撮って家族や母国の友達にも送ったので、みんな喜びました。� 来年の夏井川流灯花火大会には今年参加しなかった皆様も是非来てみてください。�
アウンチーサン

เทศกาลลอยกระทงโคมและดอกไม้ไฟ 「夏井川流灯花火大会」

DATE 2018-8-28

20180820_183026  20180820_184038

[เทศกาลลอยกระทงโคมและดอกไม้ไฟ]

วันจันทร์ที่ 20 สิงหาคม 2018
ทุกๆของวันที่ 20 เดือนสิงหาคม มีการจัดเทศกาลดอกไม้ไฟและลอยกระทงโคมนัทซึอิกาว่า บริเวณพื้นที่ใต้สะพานไทระคามิ(ริมแม่น้ำนัทซึอิกาว่า) สถานที่จัดงานอยู่ใกล้กับมหาวิทยาลัยนานาชาติ Higashi Nippon มากๆ ฉันและเพื่อนๆอีก3คน เดินจากมหาวิทยาลัยเพียง5นาทีก็ถึง แต่ถ้ามาจากสถานีอิวากิ ก็ใช้เวลาเดินประมาณ15นาทีค่ะ คนญี่ปุ่นบางคนจะใส่ยูคาตะมาร่วมงาน ฉันจึงใส่ชุดไทยและเพื่อนคนพม่าก็ใส่ชุดพื้นเมืองของพม่ามาร่วมงานเช่นกันค่ะ คนที่มาร่วมงานก็เยอะพอสมควร มีบู๊ทขายของกินและร้านเกม คล้ายๆงานวัดบ้านเราด้วย ส่วนแรกของเทศกาลนี้คือการลอยกระทงโคม ส่งดวงวิญญาณ ทำบุญให้คนที่เสียชีวิตทางน้ำหรือจากอุทกภัย และมีการแสดงร่ายรำแบบญี่ปุ่น เมื่อเวลาล่วงเลยไป พวกเราก็ขึ้นไปบนสะพาน เพื่อรอชมดอกไม้ไฟค่ะ ในส่วนที่สองของเทศกาลมีการจุดดอกไม้ไฟประมาณ6000ลูก เพื่อฉลองครบรอบการรำลึก100ปี สวยอย่างที่คิดไว้เลย บรรยากาศเย็นๆของแม่น้ำแห่งนี้ ทำให้รู้สึกว่าอีกไม่นานก็จะหมดฤดูร้อนซะแล้ว ในปีต่อๆไป เพื่อนๆก็ลองไปร่วมงานดูนะคะ
วันเทศกาล : 20 สิงหาคมของทุกปี
เวลา : 18:00-20:30 นาที
(18:40 เริ่มลอยกระทงโคม
19:45 เริ่มจุดดอกไม้ไฟ)
~ไอริส IRIS~

花火+飲み会+カラオケ_180822_0020

2018年8月20日(月)
毎年8月20日、平神橋下(夏井川河川敷)で が行われます。
花火の会場は私の東日本国際大学に近いので、3人の友達と取材に行きました。大学からは歩いて5分でした。いわき駅からでも歩いて15分くらいです。日本人の友達はゆかた、私とミャンマーの友達は民族衣装を着ました。
会場はとても賑やかで、飲食やゲームの屋台もありました。
催しは、第一部では水難犠牲者や新盆の供養のための灯篭流しや、じゃんがら念仏踊り等が実施されました。花火をよく見るため、私たちは橋に早く行きました。第二部の花火大会では、100周年を記念して約6,000発の花火が夜空に打ち上げられました。とてもきれいな花火でした。夏井川の涼やかな空気は、ふっと夏の終わりを感じさせられる瞬間でした。
来年、みなさんも行ってみませんか?
日にち: 毎年8月20日
時間 :午後6時~8時30分
(午後6時40分 灯籠流し
午後7時45分 花火開始)
~アイリス~

20180820_183541